骨盤ダイエットの注意点

著書などを見ながら骨盤ダイエットを自宅でする場合、見本とそっくりな姿勢をすることだけに固執しては効果がありません。写真や絵でポーズが指定されている骨盤ダイエットもありますが、こういったものでは、姿勢がどうなっているか判断しにくい部分があります。単純に、写真などで出ている姿勢をそっくりコピーしようとしても、体が硬くてそこまでできないということもあり、そういう時は過剰な負担は避けるべきです。

さらに、無理な姿勢では身体に不必要な力が入ってしまうので、筋肉が緊張して縮こまり、歪みかけている骨盤を固定化してしまう結果となるので注意が必要です。できない姿勢を強引に取ろうとすると、骨盤に不必要なストレスがかかってしまいます。効率的な骨盤ダイエット運動には呼吸のコントロールも重要ですので、身体を動かす際にも意識して行いましょう。つい息を止めてしまうこともありますが、自然な呼吸をイメージしながら身体に力を巡らせます。

呼吸をストップさせて骨盤ダイエットの姿勢を取っても、こわばった筋肉らは影響が出にくいようです。骨盤ダイエット運動を上手にするためには、お腹で呼吸をしながら筋肉をよく伸縮させます。骨盤を効果的に開閉させるためにも、骨盤ダイエット時には腹から呼吸をする腹式呼吸を行ってください。

強引に骨盤矯正ポーズを取りさえすれば骨盤の歪みが治るというものではなく、力づくで行うだけでは骨盤にかかる力が散ってしまいます。骨盤ダイエット運動を適正な行うことによって、身体の歪みを治し健康的なダイエットができます。

気軽に出来る骨盤ダイエット法

家庭で、特別な器具を必要とせずにできることが骨盤ダイエットのメリットです。ひずみや開きが生じた骨盤を体操によってなおしていくことが、骨盤ダイエットです。まずは、腰を回してみましょう。

背筋をしっかりと伸ばし、足を肩幅程に開いた状態で、腰をゆっくりと左右に10回ずつ回します。骨盤を効率良く動かす為に行っているので、勢いを付け過ぎて腰以外に余計な動きを加えない様にしましょう。

骨盤ダイエットの次のステップは、前屈です。息を大きく吐きながら、ゆっくりと上半身を前に倒していきます。前屈運動が終わったら、きつくない程度に、体をゆっくりと後方にそらします。やりすぎないように気をつけましょう。

10回を1セットと数えて、上半身を前後に倒す運動を行っから、腕の動きをつけながらの腰の回転運動を行います。両手は骨盤の上になるように意識しながら開いて押しつけ、しっかりと固定します。骨盤ダイエットの際には、いつも足を肩と同じくらいにまで広げ、まっすぐ立って左右に体を10回ずつ動かします。

要領を得るまでは、骨盤ダイエット運動中に上半身が固定しきれないという人もいるでしょう。腰を上手に動かして運動を行うことが骨盤ダイエットの肝となりますので、運動中は可能な限り腰だけの運動ができるように心がけましょう。

ちなみに、もっと詳しい骨盤ダイエット法を知りたい場合はインターネットの掲示板でもよくやりとりされているので調べてみてはいかがでしょう。一番いいのはやはり、専門家に聞くことが骨盤という大切な箇所なので、根拠のあるお話をしっかり耳にいれることです。

骨盤ダイエットとは

できるだけ長くきれいな自分でいたいと考えている女性は、決して少なくはありません。簡単にできるダイエットを取り組みたいという人は年々増えており、常にダイエットが大流行しています。その中でも急激に知名度が上がってきているのが、骨盤ダイエットです。

骨盤ダイエットとは、骨盤を矯正することで、整ったプロポーションと共に痩せやすい身体を作っていく、とても健康的なダイエット方法です。また骨盤が矯正されると血行や代謝が良くなる為、ダイエットだけではなく、冷え性や腰痛等にも効果的です。育児や仕事で忙しい方、運動不足でお悩みの方にはお勧めの体質改善法と言えるでしょう。

お産の直後は骨盤に負担がかかりやすい状態にあるので、そういったタイミングで骨盤ダイエットをしてみてください。出産のために広がり気味になった骨盤をケアせず負担をかけつづけていると、下半身の血流が阻害されて静脈の血の流れが悪くなってむくみや冷えの原因となり、いずれは血管にこぶができるようにもなります。できてしまった血脈の中の瘤が血管を伝わって臓器に達してしまうと恐ろしい事態を招く結果になりかねません。

骨盤ダイエットは、出産から何ヶ月か経ってからでも、十分に効果があります。いつまでも美しくあるためには、美容と共に健康にも留意する必要があります。健康的かつきれいな体になるために、骨盤ダイエットでプロポーションをアップさせましょう。
株主優待制度
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。